この記事はアフィリエイト広告を利用しています。
  • ピアノを習わせたいけれど、まだピアノを持っていない。買った方がいいですか?
  • まだ立派な曲を弾くわけじゃないからおもちゃでいいかな?
  • 電子ピアノと生のピアノはほとんど違わないよね?

こんな疑問を持ってらっしゃる方も多いと思います。

ピアノ型の楽器で、ピアノの基礎を学ぶことができるのでしょうか?表にまとめました。

ピアノにできてキーボードにできないことは?

ピアノ型の楽器やおもちゃ

ピアノの形をした楽器は手に入りやすい順番から次のようなものがあります。

ピアノ型の楽器

  • ピアノアプリ/おもちゃのピアノ
  • キーボード
  • 電子ピアノ
  • アップライトピアノ
  • グランドピアノ

ピアノの基礎

ピアノ教室で習うピアノの基礎は次の6つにまとめました。

ピアノの基礎

  • 音楽の知識
  • ピアノの弾き方・打鍵法(タッチ)
  • スケール・アルペジオ
  • 正確に弾くこと
  • リズム感覚
  • 音の高さに対する感覚

ピアノの基礎について詳しくは、こちらでまとめていますので気になる方はご覧ください。

ピアノの基礎ってなに?

この記事はアフィリエイト広告を利用しています。ピアノは基礎が大事!と言われますが、ピアノの基礎とはどういうことでしょうか? ピアノの基礎といわれるものを5つにま…

できることできないこと

それぞれ表にしました。

◎・・・十分に学ぶことができる

◯・・・ある程度学ぶことができる

△・・・一部分は学ぶことができる

X・・・学ぶことができない

ピアノアプリ/
おもちゃのピアノ
キーボード電子ピアノアップライトピアノグランドピアノ
音楽の知識
ピアノの弾き方・打鍵法XX
スケール・アルペジオX
正確に弾くことX
リズム感覚
音の高さの感覚

それぞれ詳しくみてみます。

ピアノアプリ/ピアノ型のおもちゃ

フリーのピアノアプリやピアノの形をしたおもちゃは気軽に購入することができて、身近な存在です。

十分できること

鍵盤が正確に並んでいるので、楽譜や音楽の知識を学ぶには十分です。

ある程度学ぶことができる

  • リズム感覚
  • 音の高さの感覚

リズム感は、ピアノから離れて体を動かすことで身につく部分が多くあります。ですが身についたリズム感をピアノの演奏の中で表現するとなると鍵盤の感覚が必要になるので、その部分で補完できない部分が出てきてしまいます。

音の高さの感覚についても、声を出して歌を歌うことが感覚を養うの重要です。その時に正確な音を出す楽器が音程の頼りになりますが、おもちゃの楽器だと、電池の減りなどによって音程が狂ってしまうので注意が必要です。

学ぶことができないもの

  • ピアノの弾き方・打鍵法
  • スケール・アルペジオ
  • 正確に弾くこと

ピアノの音の表現は鍵盤の沈め方(打鍵法)で決まります。

アプリや、おもちゃでは、鍵盤の幅が実際のピアノと違ったり、鍵盤を沈める感覚がなかったりと、鍵盤の扱い方を学ぶことはできません。

同様に、音楽を構成するスケールアルペジオも、正確に弾くことも、鍵盤が違うと学ぶことはできません。

キーボード

キーボードとは日本語訳せば「鍵盤」という意味ですのが、一般的にキーボードは電子鍵盤楽器のことを指します。そして、ピアノ界隈では、「キーボード」と「電子ピアノ」を分けて言い表します。

見分け方は、鍵盤の構造です。鍵盤が薄い板でできていて、鍵盤の下に隙間が空いているのがキーボードです。

鍵盤が生のピアノを模して作られて、分厚い板のような状態で、下に隙間が空いていないものを電子ピアノと言います。

それぞれ用途が違います。

キーボードはシンセサイザーなどを含み、鍵盤をある種のボタンとしてストリングや、打楽器などの色々な楽器の音を鳴らし音楽を作ることが目的とされています。そのため鍵盤がピアノよりも幅が狭かったり、タッチの面では操作性の良さを重視してあえて重さを感じないように作られているものもあります。

鍵盤数もピアノは88健ありますが、キーボードは少ないものは約30からあります。

電子ピアノはよりピアノに近いタッチを目指しています。鍵盤も88あります。

十分できること

  • 音楽の知識
  • 音の高さの感覚

鍵盤の並びをもとに正しい音楽の知識をつけることが可能です。キーボードでは、正確な音程を出すことができますので、音の高さの感覚を身につけることも十分に可能です。ソルフェージュや音楽理論のコースでキーボードを使用する先生もいらっしゃいます。

ある程度学ぶことができる

  • リズム感覚

リズム感は、ピアノから離れて体を動かすことで身につく部分が多くあります。ですが身についたリズム感をピアノの演奏の中で表現するとなると鍵盤の感覚が必要になるので、その部分で補完できない部分が出てきてしまいます。

一部分は学ぶことができる

  • スケール・アルペジオ
  • 正確に弾くこと

学ぶことができないもの

  • ピアノの弾き方・打鍵法

ピアノの音の表現は鍵盤の沈め方(打鍵法)で決まります。

キーボードでは、ピアノのタッチを再現することを目的としていないので、触り方による表現の違いは学ぶことが出来ません。

電子ピアノ

電子ピアノとは、生のピアノを模して作られて、電源を入れて音を鳴らせるピアノのことです。ヘッドホンで消音したり、音量を変えられたりと、生ピアノではできない生活との両立が可能なことが魅力です。

十分にできること

  • 音楽の知識
  • スケール・アルペジオ
  • 正確に弾くこと
  • リズム感覚
  • 音の高さの感覚

生のピアノに限りなく似せて作っているものも多く、ピアノの多くの基礎の部分を学ぶことが可能です。

一部分は学ぶことができる

  • ピアノの弾き方・打鍵法

グランドピアノの鍵盤の仕組みを再現して、かなり似せているものもありますが、実際のものとはやはり違います。一部分を学ぶことができますが、すべてではありません。

アップライトピアノ

アップライトピアノとは、家庭用に場所を取らないピアノとしてグランドピアノから改良されたのが縦型のピアノです。

グランドピアノと同じように弦が張られていて、電気ではなく弦が振動して音が鳴ります。

グランドピアノは横に張られた弦をしたからハンマーが叩いて音を鳴らす仕組みです。アップライトピアノは縦に張られた弦を横からハンマーで叩きます。

グランドピアノとアップライトピアノの仕組みの違いはカワイのサイトで詳しく紹介されいています。

十分にできること

  • 音楽の知識
  • スケール・アルペジオ
  • 正確に弾くこと
  • リズム感覚
  • 音の高さの感覚

十分に基礎を学ぶことができます。

ある程度は学ぶことができる

  • ピアノの弾き方・打鍵法

実際にハンマーが動き弦を振動させて音を鳴らしているので、ピアノとしての表現力を十分に学ぶことができます。しかしグランドピアノに比べると表現力の幅は限られます。

グランドピアノ

十分に基礎を学ぶことが可能です。

以上、ピアノの基礎を学ぶことができる楽器をまとめました。

楽しいピアノライフを!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ

ピアノ買わなきゃだめ?ピアノにできてキーボードにできないことは何?” に対して1件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。